2010/01/09

[読了] エンデの遺言「根源からお金を問うこと」


エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」
河邑 厚徳、グループ現代

年末年始に実家で読もうと思って、
図書館で借りた1冊。
5冊借りたのに結局2冊しか読んでねー。。。

お金の流動性を高めるにはお金の減価が必要だっていう話。
利子(複利)が過激な格差を生じているんだ。と。
減価する代替貨幣によって地域の不況を解決した例をいくつか挙げているけども、
失敗例が挙げられていないのでこのお金を減価するという仕組みのデメリットが見えづらい。
メリットばっかり挙げられてもね。ひねくれ者ですから少し疑惑を持ちました。
NPOとかがやっていてもよさそうな話だなと思って読んでいたら日本でやってました。
しかも今でも継続してて、それ専門に独立してるってのにも驚き。
今度実際にそこに行ってみたいかもー。

0 件のコメント:

コメントを投稿