2013/02/14

Kenyaに行ってきた。

新婚旅行。
6日間の旅。
2/8出発2/13帰国。
HISで申し込んだツアー。
ツアーって楽だなー...って実感した旅でした。
飛行機とバスに黙って乗ってればいろいろと連れて行ってくれる。
6日間って短いかな??と思ったけどなかなか濃密でよかった。
同じテントホテルに滞在してたオランダ人から、
オランダは最低5週間の有給休暇が取れるって話されて、
ケニアにいるのにオランダと日本の文化の違いにも驚いた。
日本じゃ大体1週間が精一杯じゃないか....

それにしてもケニアで見た動物たちは、
あんまりにも大量にいて、そして現地の人たちと共存しているので、
これは壮大な動物園で仕組まれたものなんじゃないか???って思った。
ガイドが携帯電話でいろいろ話しているので、
今準備できたぜ!!ゾウ檻から出したよ!!!
って連絡受けてそこに向かってるだけなんじゃないか?
と本気で疑ってしまった。
それぐらい普通に動物たちが闊歩していて、
普通にご飯食べて暮らしている。
そしてそこに人間も一緒に。
すげぇって思った。

あと日本語がペラペラで双眼鏡が要らないガイドにもビビった。
「あの鳥のくちばしがね.....」いや見えねぇし。

ナイロビはナイロビで都会で、
発展しているんだけど、
ちょっと郊外に行けばもう....
これはすごいよ。

以下、写真の羅列で。
適当ピックアップ。
なんかもっといい写真がある気がするけど。

take photo by Pentax K-5 with FA35mm F2AL or DA18-55mm/3.5-5.6AL WR

IMGP0080

ゾウ。


IMGP0084

キリン。


IMGP0005

夕立のサバンナ。


IMGP0006

ライオン。
オスはブッシュの裏にいた。
肉食は夜行性なので見れるのは珍しいらしい。


IMGP0021

サバンナと車。


IMGP0046

サバンナの中にある飛行場。
次回はココに離着陸してみたい。
滑走路がどこにあるのかわからない....


IMGP0044

ヒヒ。
どこの国でも猿は態度デカイ。


IMGP0055

木に模した携帯のアンテナ。
一応、観光資源を大事にしているのが見て取れたので感心した。


IMGP0093

タンザニアとケニアの国境。
10m程度ならゆるーく越境できます。
何度でも越境できます。


IMGP0095

左のTがタンザニア。
右のKがケニア。


IMGP0097

サバンナ。


IMGP0060

2日間滞在したホテルのエントランス。
ホテルっていうかテントだったけど。


IMGP0028

ホテルの照明。
内装も住み心地も意外と良かった。


IMGP0059

ケニアのタバコ。
Sportsmanがケニアで一番メジャーなタバコらしい。


IMGP0039

ケニアのビール。


IMGP0148

半端なくやる気のなかったマサイレディズ。


IMGP0138

マサイ族の子どもたち。
Please Sweetってお菓子を要求されました。
ごめんよ、持ってなかったー。
でもその後100シリングポケットから出したらそれくれって....
なんでもいいんだな、お前ら。


IMGP0014

おみやげ屋さん。
キリンの彫り物。


IMGP0013

いろんな彫り物。


IMGP0045

ボートサファリ。
ペリカン。


IMGP0050

ナイバシャ湖に浮いている木。


IMGP0055

ヒポたち。


IMGP0085

Giraffe centerのキリン。
餌がやれる。
キリンセンターという割には2頭しかいなかったけどね....


IMGP0005

スーパーマーケット。
牛乳?のパッケージが珍しかった。


IMGP0006

棚一面がポテトチップス。


IMGP0025

最終日ナイロビのホテルは近代的で綺麗だった...

0 件のコメント:

コメントを投稿