2007/05/14

輪行記


この前のGWは箱根湯本まで行ってきました。


日帰り温泉入りました。

行きは3時間半ぐらいで駅前まで着きましたけど。
帰りは…死にましたね…
15時半には到着。
家のソファーでグッタリ。
口から魂が抜け出るような…
往復で160~170km。
チャリンコって…すごいね。

帰りにフロントのギアがおかしかったので次の日にお店へ。
箱根の報告をすると、「箱根は上まで登んないと…」とのコメント。
ぶっちゃけ箱根の地理が良くわかってないてのもあるんですけど…
次は元箱根まで行きますっ!
とりあえず、当面の目標が出来ました。


とかいって次は高尾山行ってみました。
また箱根ってのも…ねぇ?
芸がないんじゃないかと。
高尾山頂目指すぞ~!と13時前ぐらいの出発。

前日、前々日にだいぶお酒をたしなんでいる体。
明らかに重い…
しかも前日の帰りに事故って鼻を痛打。痛い…

それでも箱根よりもなんとなく走りやすい道路にご満悦で高尾山口に到着。
さてココからが本番だぜ!と入り口にある地図を拝見。
おー色んなルートがあるんですね~。
良く分からんので職員さんらしき人にチャリンコで行ける道を聞く。
「自転車は乗り入れ禁止です。」と。
なにー!
…し、しょうがないな…
徒歩で頂上を目指すことに。
何か趣旨が変わってないか…?と思いつつも登る。


登山中。
行きのルートはかなりアクティブな山道。
スニーカーはちょっときついかも…
到着して休む間もなくトライしたので、登り始めから息が切れている。
周りの人々は自然を楽しんでいるようで。
自分自身はそんな余裕もなく。
自然はエンターテイメントじゃねぇんだよ!
と心の中で叫ぶ。

そんなこと考えながらも小一時間もしたらすれ違う人に挨拶する余裕も。
頂上近くでおばさん(おばあさん?)に励まされる。
「若いわね~、もうすぐ頂上よ~」
俺ってまだ若いのかな~?

頂上着くも感動?を分かち合う友達もいない。
飲み物を買って早々に帰りのルートを考える。
下りは寺巡りな感じで。
線香あげて下山。

帰りはもちろんグダグダで。
といっても往復で100kmなかったので若干の余裕あり。

そろそろ慣れてきたか?
ビンディングシューズが欲しい…と思っています。

1 件のコメント:

  1. スロウシュウ2007/05/19 0:51:00

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    チャリで箱根って、あらお若いこと
    イイ趣味もってんね~。
    バイクはどうしたよ?

    返信削除