2007/02/26

愛だよ愛

4 コメント

ココ最近で私のまわりで
4~5組ぐらい結婚したり、
2~3組ぐらい子供誕生したり、
1組ぐらいカップルなったり、
1~2組ぐらいもうすぐ結婚したり。
嬉しいことが沢山。

まぁ、所帯ってやつですよ。
まわりはそんなの持っちゃう年頃です。
その渦中に私もいるんですけどね。

如何せん、もう数年も彼女やらなんやらいないと
いつの間にやらいなくても良くなっちゃってる自分がいて。
合コンだ飲み会だと騒いでも目的は間違いなく騒ぐこと1点となっています。
これは男というか雄として動物的に致命傷のような気もせんでもないが。
とりあえず気にせず。

それにしても一気に来たな~と。
社会人なって4、5年ぐらいは過ぎてる人が大半なんですけど、
そろそろ頃合ってのもあるんでしょうな。
頃合だとしてもね~…決心した男女にリスペクトですね。
結婚した4~5組もこれからする組も出来ちゃった婚はいないはずなのよ。
把握してる限りでは。
だから結構スゴイって思っちゃう。

大人ですね。
みんな、大人になったのね…
もう、お酒飲んでも程よい感じで終わっちゃったり、
飲んでも飲まれないんだよっ!
それが大人なんだよね…

やっぱり結婚決めるってことは、ある程度落ち着いてきたってことで、
家に帰ってもあんまりイチャイチャしないんですかね?
ニャンニャンしないんですかね?
それすらも超越した何かがあるってことですか?
うーん…
実際、年代問わず夫婦を見ると、
やっぱり彼氏彼女とは何か違うね。
そういう主観を持って見てるってのもあるんだろうけど。
5、6年付き合ってるカップルと1年経たないうちに結婚したカップルでも
後者のカップルの方がスゴイというか深いというか…
私だけかな?そう思うのは…
まぁ、前者も結婚しちゃえば同じに思えるんですけどね。
つまりは彼氏彼女な関係と夫婦の関係ってのは格が違うと。
独り身の私はそう思うわけですよ。

まぁ、彼女もいなけりゃ、髪を伸ばして喜んでるアホが
そんなこと思ってるからってどうしたことでもないんですけど。
最近、あまりにもお祝い事が顕著なもんで、ふと思ったわけです。

それにしても周りはマジで2人で1人みたいな状態になってくんですけど。
それじゃあ、私としては多少困るところもあり。
誘ってもなかなかつかまらない状況ってのはしんどいです。
そんな状況を危惧して?とりあえずココ数週間は誰も誘わず家で過ごしてみる。
一人でいると寝てばっかなんですが、
一人遊びももう少し覚えようと企みつつ。
とりあえず家のゴルゴ13が少し増えました。

2007/02/04

TAM君とラーメンを食う

0 コメント

ピースしてる手はTAM君。
歯医者後にTAM君に会いに行くのがルーティンとなってしまった私。
今日もそそくさと店の自動ドアをくぐる。
とりあえず公論の参加意思を確認。
公論じゃあ女の子談議しますか?とウヒヒな話をする。
woofin'3月号の表紙にヤられる。
奈美恵ちゅわ~ん。
お店の中、2人きりで盛り上がる。
そして、QFO LE(上の画像の左)とCONTROLER ONE(右)で競演。
まぁ、やっちゃうんですよ。
HIPHOP好きで機材好きならしょうがないのよ。
上手いか下手かは気にすんな。
大事なのはヴァイブスです。
ノーダウトです。



お店のレイアウトが変わってました。
コレが今、VESTAXで話題?らしい。
VCI-100っつ~らしい。
まぁ、主流になりつつある?SeratoとかTRAKTORとかのDJソフトに対応したコントローラーらしい。
私はまだレコード買っちゃう派なんでしばらく興味無しです。
(興味ある方は適当に検索しちゃって。)
それよりミキサー作れ、と思っちゃいました。軽くね。
(この新製品もミキサーとも呼べなくは無いのか?)
まぁ、外部の人間としては思うだけです。残念ながら。

お店の近くのラーメン屋に向かう。
つけめん。
美味かったですよ。
ただ濃ゆすぎて家に帰るときスッゴイ胃が…苦しい…ってなってた。
ポカリ飲んだら治りました。
良く分からんけど。


そして今回は早々とお店を後にしたんですよ。
あるものが家に到着予定だったもので(↓)
もちろんwoofin’を手に帰りました。
あとブラストも。


買っちゃいました。
とうとう私もデジタルオーディオ所持者。
なんだかんだ言ってこのコンパクトさは脅威。
ポケットに入るってのはカナリ便利。
もちろん色はピンク。


音楽データを転送しながら、ブラストを読み出す。
ぶっちゃけ、編集後記以外の記事を読むのは久しぶり。
ライムスターとDABOの記事を読んで。
そういや、最近は日本語ラップ気になるの多いね~。
シーンがどんな感じに変わってきてるとか、全然分からないけど、
良質な音楽が聴ければそれでOKです。


とにかく、コレで私の音楽生活が変わるかも。
No Music No Life